穏健なる競馬のブログ | - Part 2

サイレンススズカ天皇賞秋での悲劇~もしも故障しなかったら・・

サイレンススズカのその大逃げのスタイルは人々の心を魅了し、華麗なる逃亡者として記憶に残る名馬として刻まれています。天皇賞秋でも単勝オッズは1.2倍と圧倒的な支持を受けていましたが、このレースでまさかの事態が起こることになります。左手根骨粉砕骨折。天皇賞秋であの悲劇がなかったら・・・いまだにその想いが断ち切れませんが、ここではサイレンススズカの天皇賞秋のレースを振り返りたいと思います。

サイレンススズカの毎日王冠 エルコンドルパサーを下した伝説レース

サイレンススズカは大逃げが持ち味でその気持ち良いほどの大逃げは人々の心をつかみました。サイレンススズカは4歳になってその才能に磨きをかけていきましたが一方では若き世代も台頭。エルコンドルパサーとグラスワンダーという3歳馬2頭はそれぞれ無敗で同世代のG1を制していました。そして毎日王冠でこの3頭は激突することになります。

中山金杯・予想2018 セダブリランテスなど有力馬は?展開は?

早速今年の競馬が始まりましたが、中山金杯には連勝は3でストップしましたが、アルゼンチン共和国杯で3着と好走したセダブリランテスや、前走の福島記念を勝利したウインブライト、キャピタルステークスを勝利したダイワキャグニーなど多士済々なメンバーが。ここでは中山金杯の展開を予想しながら有力馬を見ていき馬券予想をしていきます。

サイレンススズカ伝説のレース(金鯱賞・毎日王冠)と故障の原因は?

サイレンススズカは大逃げがその特徴で、後続を何馬身も置き去りにして逃げながらも、最後まで伸びるその走りに魅了された人も多かったと思います。ただ彼の物語は突然終わりを迎えることになります。天皇賞秋での故障発生。その記憶は競馬ファンの一人としてはとても嫌な記憶でもありますが、彼の偉大な足跡を振り返りたいと思います。

ホープフルステークス2017レース回顧 タイムフライヤー大外から勝利

本日行われたホープフルステークスは、1番人気のタイムフライヤーが大外から差し切り勝ちを収め、昇格したG1の初代チャンピオンに輝きました。また2着にはビリーブの子ジャンダルム、3着には新馬勝ちのステイフーリッシュが入るという結果になり、2番人気のルーカスは6着、3番人気のフラットレーは13着という結果になりました。ここではホープフルステークスのレースを振り返りたいと思います。

ホープフルステークス予想2017 タイムフライヤーなど有力馬は?

この木曜日には中央競馬の最後のG1、ホープフルステークスが中山競馬場を舞台に行われます。重賞勝ちはデイリー杯2歳S勝ちのジャンダルム一頭で、その他にも京都2歳S2着のタイムフライヤーや、東京スポーツ杯2歳Sの2~3着馬のルーカスとシャルルマーニュが。ここではホープフルステークスの馬券予想をしていきたいと思います。

有馬記念レース回顧2017 キタサンブラックG1・7勝で有終の美

本日行われた有馬記念は2番と好枠を引いたキタサンブラックが主導権を握ってG1・7勝目を挙げ、有終の美を飾ることになりました。2着に入ったのは牝馬のクイーンズリング。3着には3番人気のシュヴァルグラン、4着にはスワーヴリチャードが入り、馬券としてはやや波乱の結果となりました。ここでは有馬記念のレースを振り返ります。

ホープフルステークス出走予定馬2017 ジャンダルムはどうか?

次の28日の木曜日には、今年最後のG1ホープフルSが行われます。出走を予定しているのは重賞勝ちで言えば2戦2勝のジャンダルム。その他では東スポ2歳Sでの2~3着馬のルーカスにシャルルマーニュ、京都2歳S2着のタイムフライヤーなどが出走を予定しています。ここでは現在の出走予定馬の中から有力馬を見ていきたいと思います。