穏健なる競馬のブログ | - Part 4

チャンピオンズカップ出走予定馬2017 混戦模様のダート王決定戦

次の日曜日には秋のダート王決定戦、チャンピオンズカップが行われます。JBCクラシックを制したサウンドトゥルーはもちろん、JBCの上位入線馬もそろって出走を予定。またG1・10勝を誇るコパノリッキーなど多彩なメンバーが。ここではチャンピオンズカップの出走予定馬の有力馬を見ていきたいと思います。

ジャパンカップ予想2017 展開は?キタサンか?レイデオロか?

この日曜日には、秋の古馬王道路線の第2弾、ジャパンカップが東京競馬場を舞台に行われます。G1・6勝を誇る王者キタサンブラックに対する筆頭格は、まず注目したいのは今年のダービー馬レイデオロ。この他にも多彩なメンバーが揃いましたが、ここではジャパンカップの展開予想と有力馬を見ていきながら馬券予想をしていきたいと思います。

有馬記念2000年 テイエムオペラオー包囲網をかいくぐっての勝利

過去の名勝負を振り返りたいと思いますが、ミレニアムの2000年の有馬記念。ここでテイエムオペラオーはGI5勝を含む年間無敗、重賞8連勝という金字塔を打ち立てることになります。その有馬記念を振り返る前に、その年のオペラオーの足跡を振り返りたいと思います。

グラスワンダーvsスペシャルウィーク 有馬記念1999年の激闘

過去の競馬の名勝負を振り返りたいと思いますが、1999年の有馬記念。このレースでグラスワンダーとスペシャルウィークが激闘を演じることになります。この世代はエルコンドルパサーもいて、最強世代の一つと評されていますが、まずは激闘の有馬記念までのグラス、スペシャルの経緯を振り返りたいと思います。

クロフネ ジャパンカップダート2001年・レコードの衝撃

過去のジャパンカップダートを振り返りたいと思いますが、やはりクロフネのレースを抜きに語れないと思います。クロフネは天皇賞秋への出走を予定していましたが、天皇賞では外国馬には2頭という出走枠がありました。その2つの枠はメイショウドトウとアグネスデジタルが優先権を持っていたためクロフネはダートに矛先を向けることになります。

ジャパンカップ2012年 ジェンティルドンナの豪胆

過去のジャパンカップの名勝負を振り返りたいと思いますが、2012年のジャパンカップの優勝馬は、その年の3冠牝馬ジェンティルドンナ。対する古馬の筆頭格は、前年のこちらは牡馬の3冠馬で、凱旋門賞で惜しい2着となり帰国したオルフェーブル。オルフェーブルが1番人気。ジェンティルドンナは3番人気でレースを迎えることになります。

マイルチャンピオンシップ・レース回顧2017 ペルシアン3歳での戴冠

本日行われたマイルチャンピオンシップは、3歳馬のペルシアンナイトの勝利で幕を閉じました。またしてもデムーロか!という結果にもなり、この秋はスプリンターズS、菊花賞、エリザベス女王杯を勝利していましたので、これでこの秋4つ目のGI勝ちということに。またエアスピネルはハナ差での2着と惜しい結果になりました。

ジャパンカップ出走予定馬2017~キタサンvsレイデオロの構図か

次の日曜日には古馬王道路線の第2弾、ジャパンカップが行われます。GI6勝のキタサンブラックやサトノクラウンなど古馬GI馬に対して、ダービー馬レイデオロにオークス馬のソウルスターリングの3歳馬が挑戦し、その他にも多彩なメンバーが集まり激戦が予想されます。ここではジャパンカップの出走予定馬から日本馬の有力馬を見ていきます。

マイルチャンピオンシップ馬券予想2017~展開は?イスラは?

この日曜日には秋のマイル王決定戦、マイルチャンピオンシップが京都競馬場を舞台に行われます。まだマイル路線は混戦状態の中、短距離王のレッドファルクスが参戦してきます。ここではマイルチャンピオンシップの展開を予想すると共に、馬券予想をしていきたいと思います。

ジャパンカップ2001年 ジャングルポケット3歳でオペラオーを下す

過去のジャパンカップの名勝負を振り返りたいと思いますが、2001年の勝者はジャングルポケット。日本馬の3歳馬はジャングルポケットのみでジャングルポケットの世代はアグネスタキオンなどがいた世代で、最強世代の一つとも評されています。対する古馬には前年にGIを含む重賞8勝を挙げ、年間無敗で通したテイエムオペラオーがいました。